• ホーム
  • にきびに良い食品について

にきびに良い食品について

2019年06月15日
鏡を見る女性

にきびで悩まれている方の中には薬や病院での治療により何とかしたいと考えている方も多いのではないでしょうか。
もちろん薬や病院での治療も効果は期待できるとは思いますが、その前に普段の食生活を見直すことからはじめてみるのもひとつの手だと思います。
普段の食生活や生活のリズムが乱れがちの方は食生活を改善することでにきびに良い効果が出やすいともいえます。

にきびの課全に効果があるといわれている主な栄養素をあげてみようと思います。
ニンジンやほうれん草、かぼちゃ、しそ、レバーなどに多く含まれるビビタミンA は肌のターンオーバーを促す働きがあるともいわれています。
卵、乳製品、レバー、うなぎ
などの食品に多く含まれるビタミンB₂は菱の分泌や角質の調整効果が期待できる栄養素です。
かつおやまぐろ、ささみ、にんにくなどの食品は新陳代謝を促すビタミンB₆を豊富に含みます。
そのほかにもビタミンC(緑黄色野菜、果物などに含まれる)はコラーゲンやメラニンの生成をする働きがあり、肌に良い肌効果があります。
ビタミンE(レバー、うなぎ、かつお、緑黄色野菜などにふくまれる)は抗酸化作用を持ち、血液の循環をよくします。

上で述べた食品をしっかりと摂取することで、体の内側からにきびにアプローチし薬や病院に頼らないニキビケアをすることができます。
もちろんいくら食生活を改善しても、睡眠や日ごろのストレスなどの調整や管理ができなければその効果も半減してしまいますので、日常生活をトータルで見直してみることをおすすめします。
にきびに良い食品をしっかり食べることで、にきびの改善のほかにも体の調子が良くなり健康的な生活を送ることができるかもしれません。

関連記事
遺伝による薄毛を脱毛予防する美容法がおすすめ

薄毛は遺伝することがわかっていますが、遺伝だけで薄毛になるわけでもありません。遺伝要素は3~4割程度だと言われており、残りは生活習慣などが関係しています。規則正しい生活を送っている方とそうでない方とでは、10年後の髪の状態は変わってきます。脱毛予防は最大の美容法でもあります。どんなにお肌が綺麗でも、

2019年10月20日
美容で行う脱毛エステは保険診療とは異なる

美容で行う脱毛エステは保険診療の対象ではないので注意をしなくてはいけません。そもそも、脱毛エステなどのように消費者に対するリラクゼーションの手段として提供されているサービスは、保険診療の対象とならないことを知っておく必要があります。なぜそのようなことがいえるのかと言うと、脱毛サロンのサービスは医療行

2019年09月23日
美容と福岡県と美白成分について

福岡県において、美しさに磨きをかける美容サービスは、色々と見つけていくことができます。福岡県にはエステサロンもいくつもあるので、日常使いやブライダルエステなど、状況に合わせたエステを楽しむことができます。福岡県の美容施設には、脱毛サロンもありますから、ムダ毛の悩みもエステで解決をすることができます。

2019年08月29日
美容と美白とエスケープについて

香りも美容の一環として、女性の美しさをより引き立ててくれます。カルバンクラインエスケープの パルファムも、すがすがしい香りが人気です。エスケープはフレッシュ、フルーティ、フローラルといった女性の心も満たす香りで、深みのある良い香りが続きます。エスケープは高級な香水ですが、そのお値段に見合う価値はあり

2019年07月30日
にきびと便秘にはどんな関係がある?

肌は内臓を映す鏡ともいわれ、内臓の状態と深い関係があることで知られています。たとえば、便秘をすると肌荒れを起こします。便秘というのは便が排出されずに腸の中にとどまり続ける状態をいいますが、便は老廃物の塊ですから本来なら早く排出したいところです。これが長時間腸の中にとどまり続けると、腐敗や発酵が進み、

2019年07月10日
にきびを改善するには肌の乾燥に潤いを

にきびには思春期におけるホルモンバランスの変化によって発症するものと、成人してから様々な要因が複雑に絡まり合って生じるものとに分類されます。後者は主に大人にきびと呼ばれ、一度発症してしまうと完治するのに手間隙がかかるなどかなり厄介な状態が続くことになります。この症状を改善するためにはまずは原因となる

2019年05月26日
にきびに悪い生活習慣を見直そう!

女性の大敵であるにきびを作ってしまうのは、普段何気なくしている生活習慣や癖が原因となる場合が多いです。基本的にはお肌の清潔を保つことがポイントなんですが、毎晩肌に触れる枕カバーは2日に1回は替えるようにしましょう。汚れてなさそうに見えて替えないでいると、雑菌が繁殖してにきびの原因になります。他には、

2019年05月12日